思っていること

体のいい言い訳完備の日々

壁を向く男性



 

私は怠けるのが大得意な人間なんですが、年を重ねると小ずるくなってきて、怠ける時の言い訳も高度になってきます。

昔は「怠けたいから怠ける」というふうに正直だったのですが、大人になるとそうもいきません。怠けるのにも理由が必要なのです。

「少し資格勉強がしたいから」という建前で要らない本を買ってみたり(本当はやらなければいけないことから目をそらしたいだけ)、「ストレス解消も大事だよね」という理由で甘いお菓子を食べてみたり(本当はダイエット中)、「少し完成度が低いから、動画投稿を止めておこう」と思ったり(本当は視聴者の反応を見るのが怖いだけ)etc....

質(たち)が悪いことに、言い訳があまりにも上手過ぎると、「あ!自分は今怠けようとしている!」ということにすら気づけなくなります。

すると、いつの間にか、生活のいたるところに怠惰が生まれ、ずるずるとネガティブな方向に人生が流れていくわけです。

心を健康に保つためにも定期的に怠けるのは大事。でも、ずーっと怠けていると、それはじわじわと自分の首を絞めていきます。

 

シンプルにやっかい!

 

仏教や禅などの宗教では「『気づき』が大事」という教えがありますが、本当にそのとうりですね。

行動しようとするときには、心の動きを観察した方がいいかも知れません。

 

  • その行動は自分や他人の役に立っている?
  • 本当は楽したいだけでしょう?

 

 

衝動的な行動の前にワンクッション挟んで、自分に問いかけてみましょう。

怠け者の自分をあぶり出し、活を入れられるかも。

というか、怠けるならそれはそれでOKなので、自分にくらい正直でいたいですよね~。

 



ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。