思っていること

芸人ヒロシのインタビュー記事が面白い【ひとりを楽しむ】

共感します!

 

「ひとりが好きで、事務所も入りたくなかったんです。大手に所属すると、上下関係が生まれるのがストレスで。今思うと、ひな壇もつらかった。ファミリーで賑わうキャンプ場に、僕がソロで混ざり込むようなものですからね。TV出演を減らしてから、気が楽になったんです」

40代になってやっと「ひとりでいいんだ」と思えるようになったというヒロシさん。転機は、ズバリYouTubeだった。

「単純に、TV以外の場所ができたのがうれしかったんです。いろんな人がたくさんいる中で番組出演枠を勝ち取るためには、運や努力、人付き合いが必要。それが、YouTubeやニコニコ動画なら、たったひとりで好きなだけ発信ができる。お金も稼げる」

引用元:東洋経済ONLINE

 

組織の上下関係は、基本的にダルいです。

逆にひとりは気楽です。

 

「人間は社会的な動物」「人は一人では生きられない」

というのがこれまでの前提でした。

しかし、YouTubeのように個人だけで完結するビジネスができたおかげで、疑似的にですが、一人で生きていけるようになりました。

集団か、それとも個人か。

これからの時代を生きる人にとって、集団は絶対的なものではなく、融通のきくオプショナルなものになります。

 

世の中は外向型人間(陽キャ)が快適に過ごせるように作られています。

しかし、一人が好きな内向型人間(陰キャ)が快適でいられる空間があってもいい。

集団に違和感を覚えているなら、逃げればいいのです。

せっかく逃げ場や避難所が世の中にはあるのですから。

そういうシステムは積極的に利用すべきです。

 



ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。