生活

大学のオワコン化が進んでいる



皆さんはどう思いますか?

 

 

オワコン化するのは時代の必然ですかね~。

 

オワコン化する原因

原因を一つひとつ挙げてみます。

 

1.少子化

子どもが減ると、大学入学者も減ります。

入学者が減ると、学費などで収入がまかなえず、大学の経営が苦しくなります。

 

2.親の貧困化

大学はお金がかかります。

親世代が貧困化すると、せいぜい高校まで行かせてやるのが限界でしょう。

 

3.知識のコモディティ化

インターネットの普及により、知識の価値は減少しています。

Googleで検索すれば、すぐに必要な知識は手に入ります。

論文検索だって一瞬です。

また、YouTubeやUdemyを活用すれば、やる気のない大学教授よりも分かりやすい講義をしてくれます。

ですから、無理して大学に行く必要は無しです。

 

理系と文系の差

理系なら大学に意味はあります。

高額な器具(個人レベルで入手不可能)を用いる実験がありますから。

文系は、本さえあれば十分研究できるので、あまり大学に意味はありません。

 

大学肯定派への違和感

「時間を買っている」

大学を語る時に「大学に行くということは、時間を買っているんだ!」とドヤ顔でまくしたてる人がいます。

でも、自由な時間を買うだけなら、大学に行かずに4年間ニートで過ごせばタダです。

数百万のお金をかけて時間を買うためだけに大学に行くのは、コスパが悪いですね。

そのお金で何ができるかを考えたら、大学の優先順位が下がるかもしれません。

 

「大学では、多くの友人に出会える」

大学に行かなくても、友達はできます。

友達作りは、バイトや仕事、趣味でもOKです。

 

「大学には多様性がある」

学生と教授しかいない空間に本当に多様性があるのか疑問です。

海外留学生は確かにいますが、海外旅行に行ってコミュニケーションをとればいいですよね。

 

終わりに

日本人が大学に行く理由はおおむね次の2つです。

 

  • 就職の保険として
  • みんなが行くから

 

消極的な理由で大学に行くよりなら、すぐ就職する方がいいですよね。

世の中の事を知るなら働くのが一番です。

そして、後から必要になったら大学に行けばいいと思います。



ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。