生活

小中学生に学ぶ勉強法



勉強する力↓

 

大人 <<<< 小中学生

 

あると思います。

勉強法、忘れてませんか?

勉強しない日本の大人

こんな話があります。

 

 

鵜呑みにするのはまずいです。

が、全く信憑性のない話でもなさそう。

 

勉強しないと、人としてオワコン化が進みます。

少し難しく言うと、人的資本としての価値が低下します。

コモディティ化」と言ってもよいでしょう。

 

引用元:『ドラゴン桜2』

 

歴史の教科書だって10年経てば変わります。

時間が経つと、街並みも、人も、流行も変わります。

知識は常にアップデートしていかないと、劣化します。

大卒だから、と安心していられません。

 

オワコン化しているもの

時代の変動をイメージするために、近年オワコン化したものを挙げてみます。

以下、かなり主観を含みます(長くなるので、個別の説明も省きます)。

 

  • ミニマリスト
  • FX
  • 翻訳
  • ブログ・SEO
  • バックパッカー
  • 資格勉強
  • ソシャゲ
  • オフィスワーク
  • 紙の本
  • Amazon
  • ローカルでのデータ管理(⇔クラウドでのデータ管理)
  • ギター
  • 一般人のデスクトップPC・ノートパソコン
  • アイドル音楽
  • ブランドファッション
  • お店のレジ打ち係

 

探せば、まだあるはず。

あなたは、最近何がオワコン化したと思いますか?

 

勉強していないと……

人間は、使わない知識は忘れる生き物です。

ということで、定期的に勉強しないと勉強法も忘れます。

これが悪循環を生みます。

 

勉強しない

勉強法を忘れる

勉強の仕方が分からない

さらに勉強しなくなる

さらに勉強法を忘れる

勉強の仕方が分からない

 

日本の社会人は、本当は「勉強しない」のではなく、「勉強できない」のかもしれません。

 

思い出そう、勉強法

今こそ、勉強法を思い出しましょう。

と言っても、大人の難しい理屈は抜きです。

PDCAもロジカルシンキングも暗記術も要りません。

 

大事なことは、小中学生で学んだ

義務教育で勉強法は一通り教わっているはずです。

学校の宿題や授業をこなす中で、誰にも自然と身についています。

なので、大事なことは、勉強の感覚を思い出すことです。

 

小中学校で学んだ勉強法

筆者自身の経験をもとに言語化してみます。

自分が小中学生の時のことを思い出しながら読んでみてください。

 

勉強法 基本編

誰でも知っている基本のキです。

 

  • 教わる
  • 受け入れる
  • 真似る
  • 反復する・復習する
  • 問題を解く

 

ひとつずつチェックします。

当時の授業や宿題を思い出しながら読んでください。

 

① 教わる

勉強の基本は教わることです。

他人から話を聞いて、それを自分の中に吸収します。

 

  • 本を読む
  • YouTubeを見る
  • 講義・授業を受ける
  • 講演を聞く

 

これらはすべて学びのスタートラインです。

 

メモを取る

教わっている間に何をしますか?

もちろん、メモを取りますよね。

 

自分の言葉で言語化し、教わった内容を整理するのです。

 

読書やYouTube視聴のあとでメモをとってますか?

消費的活動にするか、それとも生産的な時間にするかは、メモをとるかどうかで決まります。

 

疑問を抱く

「何か質問はありませんか?」

授業には、必ず質疑応答の時間がありましたよね。

ただ受け身にインプットするのではなく、疑問を持ちながら教わる習慣をつけましょう。

 

大切なのは、疑問を持ち続けることだ。
神聖な好奇心を失ってはならない。

by アインシュタイン

 

疑問というのは、人それぞれです。

つまり、疑問にはオリジナリティが生まれやすいのです。

クリエイティブであるために必要なのは、知識の数ではないのかもしれません。

むしろ、「いくつ疑問を抱いたか」のほうが大事なのです。

 

 

② 受け入れる

突然ですが、なぜ「1+1=2」なんでしょう?

「そういうルールだから」ですよね?

「1+1=3だ!」と主張してみても、世の中はそうはなっていません。

 

あなたが学ぼうとすることがらには、必ず前提があります。

そこに反発しても仕方ありません。

受け入れるしかないのです。

「守・破・離」の「守」です。

オリジナリティを発揮する前に、まずは前例に学ぶこと。これが大切。

 

「小中学生にできて、大人ができないことNo.1」が、この「受け入れる」という作業です。

というのも、大人にはプライドがあるからです。

「自分が正しい」と思っています。

そのプライドが学習の邪魔します。

 

何かを学ぶときは、素直に受け入れるしかないんですよ。

とりあえず、「そういうものだ」と思っておいて、いろいろ分かってきたころに異議を唱えればいいんです。

③ 真似る

「学ぶ」という言葉は「真似ぶ」から来ています。

勉強の基本は、できる人の真似から始まります。

 

  • マインド
  • 技術
  • 思考法
  • 生活習慣
  • 所作

 

あらゆることをトレースし、自分の中に鋳型(いがた)を作りましょう。

オリジナリティの発揮はそれからです。

 

④ 反復する・復習する

教わったことは必ず反復・復習しましょう。

1度でできる人間はいないからです。

同じ内容を反復するうちに、意識せず自然とアウトプットできるようになります。

 

⑤ 問題を解く・テストする

学んだ内容が頭に入ったか確認しましょう。

 

問題点

小中学生なら計算ドリルがあります。

が、大人の勉強には問題集がありません(資格勉強を除く)。

 

自作問題

ということで、自作問題を作りましょう。

一問一答でもいいですし、文章で答える形式でもOKです。

 

例えば、読書後に次のような質問をしてみるのはどうでしょう?

 

  • この本の要点は何?
  • ○○(本のキーワード)とは何か?
  • 関心(疑問)を持った点はどこ?
  • 本の良かった点は?
  • 本の悪かった点は?
  • 次に読む本は?

 

などなど。

 

勉強法 応用編

応用編です。次の3つを使いこなして勉強しましょう。

 

  • まとめる
  • 比べる
  • 関連付ける

 

順番に見ていきます。

 

① まとめる

似たような知識をまとめてひとつにします。

難しくいえば、「抽象化」「グループ化」「カテゴライズ」です。

例えば、ニワトリとカラスを「鳥」というひとつの箱に入れるイメージです。

 

② 比べる

2つの対象を比べて観察します。

 

  • 同じところ(一致点)
  • 違うところ(相違点)

 

エクササイズとして、「みかん」と「りんご」を比べてみてください。

同じところと違うところを5つずつ挙げましょう。

意外と難しいはず。

 

③ 関連付ける

ものごとの関係を考えます。

 

順番

どっちが先で、どっちが後か考えます。

難しく言えば、因果関係です。

例えば、「ベルリンの壁が壊れる→冷戦の終結」といった具合です。

 

類推

何かに対する理解を全く違う何かに当てはめます。

知っていることから、知らないことを推測します。

例えば、「数学の勉強法から英語の勉強法を考える」「ピアニカの演奏方法からピアノの演奏方法を推論する」という感じ。

 

小中学生は高度なことをやっている

義務教育は、意外と役に立ちますよね。

小中学生の時の勉強法は、大人でも十分使えます。

 

ここまでの内容は、授業と宿題を想定していました。

 

小中学生の勉強法として、あと2つありますよね。

 

自由研究(理科の実験)と課外活動です。

 

順に見ていきましょう。

 

自由研究(理科の実験)

理科の実験でレポートを書かされたのを覚えていますか?

で、それには必ずフォーマットがあったはず。

夏休みの自由研究も同じです。

 

  1. 疑問……生活で不思議に思っていること
  2. 仮説……自分なりの推測、「結論は○○になる」
  3. 計画……仮説をどうやって検証するか
  4. 観察・実験・検証……計画にそってチャレンジ
  5. 分析・考察……観察や実験で得られたデータを分析・考察
  6. 結論……やってみたら、こうなった
  7. 今後の課題

 

以上のようなテンプレについて、先生から説明があったはずです。

 

今思えば、非常に高度なことをやってますよね。

自己学習を進めるなら、理科の実験と同じ手順でやれば、あらかた解決できます。

解決できなくても、見通しは明るくなりますよね。

 

発表する

レポートや自由研究は、仲間たちと共有したはず。

 

  • 情報の共有
  • みんなで知識を楽しむ
  • 議論(疑問点など)

 

アウトプットの重要さは、小中学校ですでに理解しているわけです。

課外活動(フィールドワーク)

「生活科」の時間や夏休みなどの定番学習です。

体験する

思い返すとバリエーションに富んでますね。

 

  • お寺や史跡を調べる
  • 田植え経験をする
  • 植物や動物を観察する
  • 職業体験
  • 工場見学
  • ボランティア
  • 習い事

 

外に出て学べることもたくさんあるわけです。

 

話を聞く

地域の人から話を聞く機会もあったはず。

 

  • 戦争体験
  • 障がいを持つ人の話
  • 地域で活躍する人の話
  • 外国人の話

 

人とのコミュニケーションも立派な学習ですよね。

 

外での勉強

よく言われることですが、「机の前で座ってやるのだけが勉強じゃない」わけです。

大人の勉強といえば、「本」か「Udemyのような動画サービス」か、のニ者択一になり勝ちです。

しかし、視野を広げると、勉強の世界は外に無限に広がっています。

忘れてしまっているだけで、昔はみんな自然にやっていたことなのです。

今考えると、のびのび学んでましたよね~。

 

 

まとめ

小中学生の頃を思い出そう!

小中学生の勉強法は、大人でも十分使えます。

大人が考えたムズカシイ勉強法よりもシンプルです。

今日からさっそく勉強を始めましょう!

以上です~。





ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。