IT

DiFiについて調べてみた

Bitcoins



アメリカでは2019年に流行し、日本でも取り上げられるようになってきたDiFi。

簡単に調べてみたので、情報をシェア。

 

DeFiとは?

DeFiは、Decentralized Financeの略称。

日本語では、分散型金融と言います。

CeFi(Centralized Finance、集権型金融)に対する言葉です。

集権型金融というのは、平たくいえば銀行です。

CeFiでは銀行が金融システムをコントロール(集権)する一方で、DeFiでは世界中のあらゆる人が金融のコントロールに参加します。

権力の中心がないため、「分散型」と呼ばれます。

 

DeFiは、具体的には、イーサリアム(有名プラットフォーム)のブロックチェーン上で動くシステムです。

 

DApps

DeFiの大きな特徴が、DApps(Decentralized Apprecations、ダップス)です。

日本語では、分散型アプリケーションと呼びます。

DAppsは、その名の通り「アプリケーション」です。

スマホの「アプリ」と同じく、DAppsを利用することでゲームをしたりブロックチェーン関連サービスを利用することができます。

DAppsは、誰でも自由に制作に参加したり、利用したりすることができるオープンソースです。また、透明性や柔軟性が高いのも特徴です。

 

DeFiでできること

DeFiでは、様々なことができます。

 

  • 資産管理(アセット・マネジメント)
  • 融資
  • 分散型取引
  • 支払い

 

今まで銀行や証券会社などで行っていたことを、仮想通貨空間で行うイメージですね。

 

終わりに

ブロックチェーンに関するサービスや新技術が次々に登場しています。

仮想通貨はバブルが弾けてオワコン化するかと思いきや、DiFiにより再び盛り上がってきました。

時代が目まぐるしく変化しているので、常に勉強していないと一瞬でオワコン化しますね。しんどい。



ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。