IT

コロナ下のEdTechってどうなの?

読書する子ども



コロナウイルスのおかげでEdTech(エドテック)が盛んなようです。

EdTechというのは、教育を意味するEducationと テクノロジー(Technology)を組み合わせた造語です。ニュースで頻繁に見聞きする「オンライン学習」はその代表例。

EdTechはアダプティブラーニング(=学習者の進捗に合わせ一人ひとりに最適な学習内容を与えることで、学習の効率化を図ること)の側面から考えてもいいもの、と言われています。

なので、反対する人も少ないはず。

ただ、個人的には、コロナウイルス下で民間企業や教育団体がここぞとばかりにEdTechを推進するのはちょっと違うような気もしています。無理に新たなシステムを導入すると、学習者も混乱するだろうし、なにより、そうして導入されたEdTechは本当にアダプティブな(=適応性のある)ものになるのか疑問です。

生徒目線でみると、「私は黒板に先生が書いたものを板書して覚えるのが好きなのに、いきなりウェブカメラ越しで先生の顔を見ながら授業を受けるのはちょっと…」「『ネットで宿題の提出を管理する』といきなり言われても困る…」という人もいると思うし。

また、EdTechはオンライン学習と切り離せないものですが、ここにも問題があります。

どんな問題かというと、プログラミングの学習サイト等でありがちですが、サイトの誘導にしたがって学習を進める(「bタグで文字を太くしてみよう!」のような)よりも、自分でインターネットで検索エンジンに調べたい用語を入れて(「bタグ 使い方」)調べた方が、速く効率的で、アダプティブなだけでなくアクティブな(主体的な)学習になるという問題です。

つまり、与えられたオンライン学習システムが自分の学習方法に合わないパターンです。

 

この辺りのことを現場の方たちはどう考えているのでしょう?

コロナで平時の教育システムが遅滞しているからといって、無理に新しいシステムを画一化して導入する必要はない、と個人的には思います。が、現場は違うのでしょうね~。

 

教育について書いたものを読むと、「井戸を掘ってあげるのではなく、井戸の掘り方を教えろ」みたいな文章をよく目にしますが、コロナ下で進んでいるEdTechはどちらかというと、「井戸を掘ってあげる」式のシステム導入に近い気がします(私の偏見か?)。

今のEdTech導入って、「君たち学校に自由に行けなくて勉強が大変だろう?だから私たちが環境を整えてあげよう。これを使えば、どんどん勉強が進むよ」という押し付けがましさを感じるんですよね~。

企業は自分たちが開発したシステムを導入させたがると思いますが、生徒側としては、結局のところ、「インターネットにアクセスできる環境」(つまりスマホ)と「サルでもわかる『自己学習のフィードバックシステム』」程度のものがあれば十分なのではないでしょうか。

それくらいが「井戸の掘り方」を学ぶための必要十分なEdTechであり、それ以上に学習サイトや学習ツールが増えたとしても、それはあくまで「参考書レベル」の教材でしかありません。

もちろん、こうしたことを言うと、「EdTechについて勉強不足!EdTechの本質はあくまでアクティブラーニングなので、生徒の学習を阻害するようなことはない」「インターネットがあっても使い方を知らない生徒が大多数」「コロナ期で四の五の言っていられない」「民間企業の善意にグチるだけのアホ」「そもそもネット環境だけ与えられて自主的に勉強できるのは偏差値の高い層だけで、大半の生徒には何かしらのシステムが必要」「EdTechをありがたがってる生徒が大半だろ」「ただの頭の固い老害で草」とフルボッコにされるでしょう。

でも、学習は自発的なものであり、オプショナルなものです。

なので、新しい学習方式を導入する側は、「学習活動がいつも通り進まなくて辛くない? それならオンライン学習はどう?あなたが望むなら、カメラを使って遠隔で授業できるよ」というような提案を生徒にしてあげることが大事になります。「あなたが望むなら」という選択の余地を残してあげると、学習者側も負担にならず、「自分に必要なら使ってみる」というポジションを取りやすいので、結果的にアダプティブラーニングに繋がります。

何にでも否定的なのは良くないのはその通りです。ですから、EdTechも推進されるべきなのでしょう。が、生徒目線で考えるバランス感覚は大事だと思うんですよね。



ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。