アート

2020年に活躍しそうなミュージシャンを10グループ紹介

マイク



2020年に活躍しそうなミュージシャンについて紹介します。最近、どんな音楽が流行ってるんだろう?という人はチェックしてみてください。なお、みんな知っているであろう髭男とかKing Gnuは紹介してません。

 



豆柴の大群

2019年にTBSの番組『水曜日のダウンタウン』の企画から生まれたアイドルグループ。プロデューサーは安田大サーカスのクロちゃん。オーディションでメンバーを選び、最終的には5人で活動。

メンバー名

全員20歳前後。

 

  • アイカ・ザ・スパイ
  • ハナエモンスター
  • カエデフェニックス
  • ミユキエンジェル
  • ナオ・オブ・ナオ

 

SixTONES(ストーンズ)

2015年に結成のジャニーズグループ。A.B.C-ZやHey!Say!JUMPなどのコンサートバックジュニアとして活躍していた彼らですが、2020年1月22日についにCDデビューしました。今年はテレビやYouTubeで見る機会も多くなりそうですね。

 

メンバー

  • 髙地優吾
  • 京本大我
  • 田中樹(たなか じゅり)
  • 松村北斗
  • ジェシー
  • 森本慎太郎

 

須田景凪(すだけいな)

国立音楽大出身のミュージシャン。2017年デビュー。代表曲は「シャルル」。もともとはボカロPとして活動していました。米津みたいですね。映画やテレビとのタイアップが多く、『二ノ国』・『炎炎の消防隊』といった作品に楽曲を提供しています。

 

sumika

2013年にデビューの4人組ロックバンド。バンド名のsumikaは「住処」が由来。back numberやレミオロメンに都会っぽさをブレンドした感じです。映像作家、建築家、詩人など多方面の人たちと共に作品を製作しており、多様なアーティスト性を意識しているのがポイント。

 

メンバー

  • 片岡健太(ボーカル、ギター)
  • 新井智之(ドラム)
  • 黒田準之助(ギター、コーラス)
  • 小川貴之(キーボード)

 

識者のコメント

sumikaって凄い朝って感じのバンドだよね。ミセスは昼で髭男は夜、私が勝手に感じてるだけだけどこの三つのバンドを朝、昼、夜の間で朝辛い電車とか、つまんない授業とか、面倒臭い帰り道とかで聴いて一日を楽しく過ごすのが最近とてもすき

引用元:YouTube

なるほど。

 

Mrs. GREEN APPLE(ミセス・グリーン・アップル)

2013年結成のロックバンド。略称は「ミセス」「ミセグリ」「MGA」などなど。作曲をお担当している大森元貴はMONGOL800の影響を受けており、楽曲にもそれっぽさを感じます。アップテンポで爽快感を感じる曲が多いですね。

メンバー

山中が女性なので、男女混合のバンド。

  • 大森元貴(ボーカル)
  • 若井滉斗(ギター)
  • 山中綾華(ドラム、コーラス)
  • 藤澤涼架(キーボード、ピアノ)
  • 高野清宗(ベース)

 

Novelbright(ノーベルブライト)

2013年結成の5人組ロックバンド。ONE OK ROCKに影響を受けたサウンドは突き抜けるようなハイトーンが特徴です。

 

路上バンドから

NovelBrightは、路上ライブの様子がSNSで拡散され、「何でこんなすごいバンドが路上ライブしてるの?」と話題になったことでも有名です。

 

 

たしかにすごい技量ですね。ライブだと音程がずれるボーカルは多いですが、圧倒的な安定感。SNSで話題になるのも分かりますね。

 

メンバー

  • 竹中雄大
  • 山田海斗
  • 沖聡次郎
  • ねぎ
  • 圭吾

 

ボーカルの竹中雄大は口笛の世界大会で2度優勝しているという経歴の持ち主。高いボーカル能力は、口笛で培われたのでしょう。

 

神山羊(かみやまよう)

もともとは「有機酸」という名前でニコニコで活躍していたボカロP。2018年にYouTubeに新曲Yellowを公開すると、瞬く間に1000万再生を達成。2020年2月現在は4000万再生を突破し、海外のリスナーも獲得しています。

 

ヨルシカ

ボカロPであったn-buna(ナブナ)がsuis(スイ)と結成した音楽ユニット。2017年結成。胸を打つ、情緒的でメッセージ性の強い歌詞が特徴。日本的な調子のメロディーはどこか懐かしさを感じさせます。

 

ずっと真夜中でいいのに

2018年YouTubeに「秒針を噛む」のミュージックビデオを投稿すると、アンニュイな女の子を描いたアニメーション(Waboku制作)やサビが何度も来るような新しいメロディが話題になりました。ボーカル・作詞・作曲がACAね(あかね)であるということ以外、メンバーは不明。

 

中村佳穂

京都出身のミュージシャン。ソロでの活動だけでなく、tofubeatsやimai・ペトロールズなどと一緒に楽曲を手掛けるなど多方面で活躍。高校時代に絵を描く過程で様々なことを考えるようになった彼女の音楽は、他のミュージシャンとは一線を画しています。

米津玄師が紹介

米津が注目しているミュージシャンとしても認知されている中村。これからの活躍に注目です。

 


ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。