不動産

都市計画区域とは?【宅建・わかりやすく解説】

ビル群



都市計画区域について調べたのでシェア。

宅建受験者は参考にどうぞ。

 

都市計画区域とは?

都市計画区域とは、街づくりをすると決まった場所のことです。

都市計画法という法律がありますが、この法律は基本的に都市計画区域でのみ適応されます。

都市計画区域は1つの都道府県で完結する場合と、2つ以上の都道府県にまたがる場合があり、そのどちらかによって誰が都市計画区域を指定するかが異なります。

 

1つの都道府県……都道府県が指定

2つ以上の都道府県……国土交通大臣が指定

 

マスタープランとは?

都市計画区域を定めたら、次はマスタープランを構想します。

マスタープランってなんぞ?というと、都市計画法で定められた「街づくりの基本的な方針」のことです。国土交通省が出す「都市計画運用指針」に基づいて、構想が練られます。

 

区域区分

都市計画区域が定まると、次に決定するものとして、市街化区域と市街化調整区域があります。この2つを線引きするのが区域区分です。

 

市街化区域……①すでに市街地を形成している区域 ②おおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域

市街化調整区域……市街化を抑制し、自然環境を保護する区域

 

都市化は市街化区域で行われます。ふつう、私たちが住んでいるのも市街化区域ですね。

ちなみに、不動産を売買する時に、その不動産が市街化調整区域にあると、難色を示されることも。

 

線引きは絶対ではない

一度線引きがなされても、それは絶対ではありません。そのため、どこまでを市街化区域とするのかは将来変更される可能性もあります。

また、中には線引き自体を行わない(市街化区域と市街化調整区域を分けない)場合も。線引きをしない区域は、「区域区分が定められていない都市計画区域」といいます。そのまま読むと非常に長いので、「非線引き区域」と省略します。

 

準都市計画区域

都道府県が指定する準都市計画区域というものがあります。

都市計画区域ではない場所で、過度な開発を阻止したい場合に設定します。

 

地域地区

準都市計画区域では、地域地区を定めることができます。

  • 用途地域
  • 特別用途地区
  • 高度地区
  • 特定用途制限地域
  • 景観地区
  • 風致地区
  • 緑地保全地域
  • 伝統的建造物群保存地区

 

地域地区を箇条書きにしてみました。一つひとつ検討してみると、準都市計画区域を定める狙いがなんとなくわかりますよね。景観地区や緑地保全地域は私たちにも馴染みがあるはず。

 

補足

自分の住んでいる街を「都市計画区域 ◯◯市」「都市計画区域 ◯◯県」とかのワードでググってみると面白いですよ。自分の街がどんなふうに発展していくか予測できます。



ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。