IT

動画ファイル形式5つについて復習!【YouTube】【iMovie】

映写機




動画ファイル形式の違いに混乱したことはありませんか?

 

  • YouTubeに動画投稿したい
  • iMovieで動画を編集したい
  • 異なるOS間でファイルをやり取りしたい

 

ファイル形式について知ることで、「動画が再生されない」「なぜか音声だけ出ない」といったトラブルを未然に防げます。

この記事では代表的な動画ファイル形式5つを紹介します。

ファイル形式について理解を深め、自分の使用するシチュエーションに合わせて使いこなしましょう。

 

動画の構成要素

動画とは一体何を指すのでしょうか?

厳密に言えば、動画とは次の要素で構成されています。

 

  • 静止画

 

実は動画というのは、パラパラ漫画と同じです。

何枚もの静止画がものすごいスピードで切り替わることで、動いているように見せています。

当然、静止画の数が膨大な量になることは予想がつきますよね。

この膨大な数の静止画と音を束ねて圧縮・変換するための方法をエンコードと呼びます。

反対に圧縮した動画を元に戻す方法をデコードと呼びます。

 

もちろん、エンコードやデコードを行うためにはプログラムが必要です。

このプログラムのことをコーデック(Compression・DECompressionの略)と言います。

私たちがこれから学ぶ動画ファイル形式は、コーデックされた音と静止画の束を入れておくための「箱」のようなものです。そのため、動画ファイル形式を「コンテナ(フォーマット)」とも呼びます。

コーデックとコンテナフォーマットを勘違いしている人がいますが、別物なので注意してください。

 

 



ファイル形式5つ

勉強

それではファイル形式5つを見ていきます。

 

Mpeg(.mpg)

一般に最も利用されているファイル形式がMpeg(Moving Picture Experts Group)です。

「エムペグ」と読みます。

様々な種類があるので、セットで押さえましょう。

 

 

Mpeg-1:ビデオCD(DVDが登場する前のデジタル規格)の標準形式

Mpeg-2:テレビ・DVDで利用されるデータ形式

Mpeg-4:Mpeg-1を圧縮して容量を小さくしたもの。モバイル向け

 

Mpeg-4は高画質で容量が小さいので、非常に便利なフォーマットです。

ネットワーク配信で頻繁に使われています。

 

Mpeg-3はどこに消えた?

MPEG-3 は、 MPEG-2 に統合されたので存在しません。

 

AVI(.avi)

Microsoft社が開発した動画ファイル形式がAVI(Audio Video Interleaving)。

「エーブイアイ」と読みます。

Windowsのパソコンを使っている人なら、AVI形式での保存が第一候補になります。

ただしAVI形式は容量が多いので注意が必要です。

 

wmv(.wmv)

「Windows Media Player」で使われている動画ファイル形式がwmv(Windows Media Video)です。

「ダブリューエムブイ」と読みます。

 

先ほどのAVIと同じで、Microsoft社が開発しました。

Mpeg-4を元に開発しているので、高画質ながらも小さい容量が特徴です。

 

mov(.mov)

Macの「QuickTime Player」で使われるのがmovです。

「モブ」「エムオーブイ」と呼ばれます。

.mov拡張子は、WindowsとMacで動画をやり取りする時にトラブルが起きやすい拡張子ですね。トラブルシューティングで真っ先に疑いたいものです。

 

flv(.flv)

マクロメディア社が開発した動画ファイル形式がflvです。

「エフエルブイ」と読みます。

マクロメディア社はAdobe社に買収されたため、現在はAdobeのソフトでよく使われています。

Flash Playerで動画を再生する時はこのフォーマットを用います。

言い方は悪いですが、「オワコン」気味。

まとめ

以上、5つの動画ファイル形式を保存しました。

この記事では、基礎的な部分しかまとめていないので、もっと勉強したい人は他の情報も調べてみてください。

ただ、あまり深入りしすぎるのはおすすめしません。

まずは上の5つの動画ファイル形式を使いこなし、自分にとって最適な形式が選択できるようになりましょう。

参考になれば幸いです。



ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。