思っていること

1日中同じことをやるのは効率が悪い理由3つ

時計




1日中同じことをしているのは効率が悪いですよね。

なんでもそうですけど、やるなら最長で30分。

とにかく短く区切ってやるべきです。

 



低効率の理由

ずっと同じことをやると、デメリットだらけです。

効率が悪い理由を3つ挙げます。

① 集中力の低下

単純に長々と作業していると、集中力が低下します。

フランチェスコ・シリロのポモドーロ・テクニックなんかが開発されてますけど、あれは要するに集中力が問題。

時短作業を繰り返した方が効率的というのは、皆が分かっていることです。

なので、ポモドーロみたいなのが流行る。

 

② 思考の硬直化

ずっと同じことをやっていると頭が硬い人間になります。

 

同じことをずっとしている=同じことばかり考えている

 

常に同じベクトルで同じことを考えていたら、それは壊れた機械みたいなもの。

 

ひらめき

本当に問題を解決したいなら、ひらめきが必要です。

ひらめきには、考えるという密な時間だけでなく、余白がマスト。

偉人たちも、余白を作ることでひらめきを得て、問題を解決しています。

 

アルキメデス →  お風呂に入っている時にアルキメデスの原理を発見

ポール・マッカートニー →  夢でメロディを聴いて、イエスタデイを作曲

湯川秀樹 →  天井板の年輪模様を見つめていたら中間子論についてひらめく

 

探せばいくらでも例が出てきます。

1日中作業するよりは、さっと作業を切り上げてお風呂に入ったり仮眠をとる。

その方が効率よく問題解決にたどり着けます。

 

③ アウトプットの質≠かけた時間

かけた時間とアウトプットの質は比例しません。

むしろ、時間をかければかけるほど、アウトプットの質は低下します。

例えば、スポーツでは練習しすぎるとオーバートレーニングに。ピアノなら腱鞘炎になります。

能率が落ちるくらいで済めばまだいい方です。

取り組む分野によっては、致命傷になります。

なので、1日中同じことをするよりはすぐ切り上げるべき。

 

長時間やらないと不安?

1日中同じことをしている人は、間違いなくメンタルに問題あり。

「成果が出る」と思ってやっているよりは、「不安だから」やっているのでは?

受験が迫った学生は、焦って勉強時間を稼ごうとしますよね。あれと同じ。

要するに、時間を稼ぐことで自分を落ち着かせている側面があります。

でも、「時間さえ稼げばなんとかなる」というのは、根拠のない楽観論です。

それに短絡的すぎて戦略性とか皆無なので、どちらかと言えば成功から遠ざかってますよね。

矛盾するようだけど、「1日中やる思考」の人に最も必要なのは、休息かも。



ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。