労働

「バイトが嫌い」の原因と解決法【大学1年生向け】

 働く様子




この記事では、「バイトが嫌い」と感じる大学1年生のために以下の2点を解説します。

 

① 「バイトが嫌い」と感じる原因

②  ①で特定した原因の解決法

 

バイトが嫌いだと、それだけで生活全体の質が下がります。

というわけで、スピーディに問題解決しましょう。

 

解決法は、

  • バイトを辞める(おすすめ)
  • 労働環境を変える(自分で変えられるならおすすめ)
  • 自分を変える(おすすめしない)

の3種類。

 

それでは見ていきましょう。

 



「バイトが嫌い」の原因

NO

なぜバイトが嫌いなのか、その原因を特定しましょう。

 

① 人
② 仕事内容・環境
③ 個人的な問題

 

順に説明します。

① 人

次の3つのうち、どれが原因か特定してください。

 

  • 上司と性格が合わない
  • 後輩が仕事を覚えない・後輩と性格が合わない
  • 客層が悪い

 

原因はひとつだけですか?

それとも、複数でしょうか?

 

1つなら我慢できるかも。

が、複数当てはまるならバイトを辞めるのを推奨します。

 

② 仕事内容

以下に当てはまりますか?

 

  • 体力的に辛い(職場が遠い、肉体労働、拘束時間が長い)
  • 単調作業で退屈(時計ばかりみてしまう、レジ打ち、品出し)
  • 仕事内容が自分に合わない
  • 労基法無視
  • 生理的に無理(水商売、風俗、汚い)

 

特定が難しければ、以下をチェック。

 

バイトが終わった時の自分の状態

 

「疲れがたまって課題ができない」とか「ベッドで毎晩泣いている」とかの症状があれば、かなりヤバイですね。

 

③ 個人的な問題

外部(他人や環境)よりは内部(自分)に問題があるパターンです。

 

  • 上司に怒られるのが嫌
  • 理不尽が嫌
  • 自分の思い通りにならないのが嫌
  • バイト以外のことが気がかり(恋愛・学業・病気)

 

上3つに該当した人は、そもそも会社で働くのが向いていない人です。

自分でビジネスして稼いだ方が早いかも。

解決法

以下では、先に紹介した3つの解決法を紹介します。

 

  • バイトを辞める(おすすめ)
  • 労働環境を変える(自分で変えられるならおすすめ)
  • 自分を変える(おすすめしない)

 

では、どうぞ。

バイトを辞める

バイトを辞めるというのは、一番単純かつパワフルな解決法です。

原因の大元はバイトそのもの。

ですから、そのバイトを辞めれば明日にでも解決します。

 

「石の上にも3年」というアドバイスの落とし穴

「仕事」の話でよく聞くアドバイスは、「絶対3年は辞めるな」「3年くらい同じ職場にいないとスキルが身につかない」というもの。

「すぐ辞めてもいい」という意見もあります(筆者はこちら側の人間)。

しかし、「3年は続けろ」というアドバイスが間違っているわけでもありません。

 

スキルが何もない状態で転職はハードです。

社会はそれほど甘くないのです。

すぐ辞めた人間は「飽きっぽい」「継続力がない人間」とみなされます。

ですから、「会社には3年いるべき」「石の上にも3年」という意見には一理あります。

 

さて、このアドバイスに大学1年生はどうリアクションするか?

大半は以下の感じ。

 

  • スキルが身につくからバイトは長く続けるべき。嫌でもすぐ辞めるのはマズい
  • バイトをすぐ辞めると、就活で面接官に突っ込まれるかも

 

つまり、無意識に「仕事=バイト」と結びつけて考えます。

 

でも、ちょっと待ってください。

その連想はストップです。

バイトは仕事ではないかもしれません。

 

「いや、バイトも仕事だろ」というツッコミはごもっともです。

 

しかし、「仕事」という言葉は、多くの場合、次を意味します。

 

  • アルバイト(非正規労働)ではなく、サラリーマン(正規労働)としての仕事
  • アルバイトのような単純労働・作業労働ではなく、自分で考えて利益を生み出すビジネス

 

つまり、アドバイスする側には、「バイト≠仕事」という図式があります。

「仕事」の前提が違うのです。

ですから、「仕事」についてのアドバイスをバイトにもそのまま適応するのは賢明とは言えません。

 

なぜこういうことが起こるのか?

これは、日本特有の「正社員」という言葉のせいです。

 

  • 正社員(正規雇用)
  • 非正社員(非正規雇用=契約社員・派遣社員・アルバイト)

 

日本人はこの2つに分けて、仕事を考えます。

よって、

 

  • 正社員がする仕事
  • 非正社員がする仕事

 

これらは別物です。

それゆえ、日本で仕事について見聞きする時は要注意。

「仕事」が正社員と非正社員のどちらの仕事を指しているのか確認する習慣を身につけましょう。

でなければ、誤解してしまうかも。

 

とにかく、「3年は続けろ」「長く続けろ」というアドバイスをバイトに当てはめるのは危険です。

 

 

バイトはすぐに辞めてOKです

「石の上にも3年」という人生の先輩たちからのアドバイスは、一旦無視。

嫌なバイトはすぐに辞めてしまってOKです。

2週間で辞めてもいいし、3ヶ月でも問題なしですよ。

 

バイトはあくまでバイト。

常に次のように考えましょう。

 

  • 仕事の向き・不向きを知るための材料
  • あなたの嫌いなバイトは何万とある仕事のひとつ
  • 「バイト=すぐ辞める」は雇う側の常識

 

雇う側もバイトについては緩く考えてます。

なので、あれこれ悩まなくても大丈夫。

 

あと、バイトをすぐ辞めたら就活で不利という認識。

それ、間違ってますよ。

バイトの経験がプラスになることはありますが。

 

それよりも、大学生の本分は勉強

「バイトをすぐ辞めたら、就活でマイナス評価を受けない?」というのは心配のピントがずれてます。

それより、「面接で語れるほど勉強をきちんとやったか」という点を気にしましょう。

 

働く環境を変える

嫌いという気持ちは、環境で変わるかも。

 

  • シフトを変える
  • 働く時間を変える
  • 住む場所を変える
  • 職務を変える

 

でも、バイトのために住む場所を変えたりするのは現実的ではないですね。

ですから、上司に相談して解決するものなら、この手法で。

 

自分を変える

おすすめしない方法です笑。

確かに、「自分を変える」というのは耳障りのいい言葉です。

一般的には「正しい」解決策かもしれません。

しかし、性格の本質を変えるのは不可能です。

ですから、自分に合わないバイトはやはり合わないのです。

それを無理に続けても、あまり意味はないですよ。

いつかは「やはり合わなかった」という結論に達します。

 

また、自分を無理に変えようとすると発生する問題が2つ。

 

うつ病

嫌いなことを続ければ誰でもうつ病になります。

いったんうつ病になると、バイトだけでなく、学業の継続も困難です。

 

  • 趣味が楽しめなくなった
  • 気分が晴れない
  • 頭痛・肩こり
  • 人生がつまらなく感じる

 

こうした症状が見られる人は要注意。

うつ病チェック表がウェブ上で公開されています。

気になる人は検査してみましょう。

 

働くことが嫌いになる

「バイトが嫌」という感情が増幅されると、次第に「働くことそのものが嫌い」になります。

一度こうなると厄介です。

具体的には、将来困ります。

 

  • 就活に積極的になれない
  • 就活をしないまま卒業
  • 働いても無性にイライラして、すぐ辞めてしまう

 

実際、筆者は嫌なバイトを続けたために、1年ほど働くことが嫌になった経験があります。

結構長く尾を引きますよ。

「嫌い」という感情は脳からの赤信号ですから、素直に受け止めるのが吉です。

 

 

 

楽しい大学生活を!

以上、「バイトが嫌い」という人のために書いてみました。

当記事を参考にしてみてください。

バイトも楽しめる大学生活にしましょう。

 

 



 

 

ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。