生活

ミニマリストは正しいと思う理由




私は定期的に物を捨てているのですが、物を捨てるたびに、少量の物で生活するミニマリストの考え方は非常に正しいと実感します。

 

物がたくさんあると、単純にイライラしますよね。

 

物を管理しきれないイライラや「使わない物なのにいつもそこにある」というイライラ等々……。

「イライラ」と言っても、大きいイライラではなく、小さいイライラです。

小さいイライラが積み重なって、気づかないうちにストレスが溜まってしまう感じです。

「なぜか最近食べすぎてしまう」「なぜか無駄な物を購入してしまう」という時、あたりを見渡してみるといつの間にか物が増えていて、それに自分はストレスを感じていると気づくことが多々あります。

なので、やはり物を減らして不要なストレスを溜めないように自分をコントロールするのは大事だと思うのです。

 

物には、時間的な制約もあります。

例えば、パソコンには使用耐久年数があります。

また、衣服は着ているうちにどうしても糸がほつれたり、穴が開いたりします。

衝動買いしたインテリアにはいつの間にか埃が溜まってきます。

そのため、どんなに大切な物であっても、いつか捨てる時がきます。

既に時間的な制約を超えている物なのに、依然としてそこに置いたままになっている物は、自分にとってどうしてもネガティブなエネルギーを発してしまいます。

こうした古くなった物を処分すると、不思議と気持ちが落ち着いて集中力が上がってくるので、私は定期的に物を捨てるようにしています。

 

ミニマリストは「物を持たない人たち」とよく勘違いされますが、物を持たないことによって効用(幸せ)を最大化しているのがミニマリストであって、その点に関しては合理的で正しいと思うのです。

 



ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。