IT

YouTubeに動画投稿しようと思ったので、広告掲載基準を調べてみた




不労所得が欲しいので、YouTubeに真面目に動画投稿をしようと思いました。

ブログをやっていなかったら「YouTubeで収入なんて夢のまた夢だ」と考え、おそらくYouTubeをやろうとは思わなかったでしょう。

が、ブログのおかげで「個人の努力であまり手間をかけず、少額なりとも不労所得が作れる」ということが感覚的に分かったので、YouTubeにも不真面目に(?)取り組んでみることにしました(ブログとGoogle、Amazonには感謝しかありません)。

それで、動画投稿をするに当たって、YouTube広告の条件を調べてみたので、せっかくなので記事にまとめてみました。

蛇足ですが、5Gが本格化する20年代は動画の視聴体験が今までの何倍もスムーズになり、YouTubeがある種のバブルのようになると筆者は予想しています。

なので、それに合わせてYouTubeに動画をアップしておくと、収益機会にも恵まれる確率は高いのではないでしょうか。

これからYouTubeを始めようという学生や主婦・社会人も多いと思うので、当記事の情報を参考にしてみて下さい。

 

広告掲載の手順

広告を掲載するためには、パートナープログラムに参加しなければなりません。

パートナープログラムに参加するためには、YouTubeが提示している利用資格の最低要件を満たす必要があります。

最低要件は以下のとおりです。

 

  • すべての YouTube の収益化ポリシーに準拠している。
    • YouTube の収益化ポリシーとは、YouTube での収益化を可能にする一連のポリシーです。YouTube パートナーの場合、YouTube での収益化の可能性を広げるためには、YouTube パートナー プログラムのポリシーをはじめとする契約がこれらの収益化ポリシーに準拠している必要があります。
  • YouTube パートナー プログラムを利用可能な国や地域に居住している。
  • 公開動画の総再生時間が直近の 12 か月間で 4,000 時間以上である。
  • チャンネル登録者数が 1,000 人以上である。
  • リンクされている AdSense アカウントを持っている。

 

2018年に新基準が導入されたため、2019年現在YouTubeで収益化するのは難しくなっています。

上の基準で筆者が太字にした「12ヶ月間で4000時間以上」の再生や「1000人以上」のチャンネル登録者というのは、初めてYouTubeをやる人にはかなり難しい基準ですね(筆者はそれでもやりますが……)。

なお、筆者のようにブログで既にAdSenseを利用している人がYouTubeでAdsenseを利用する場合にはYouTubeとの紐付けが必要です。

 

 

収益化ポリシー

上に記載した条件はあくまで最低要件であるため、著作権法を守りつつ、YouTubeのガイドラインに沿った動画を投稿しなければ収益化は不可能です。

詳しくは公式サイトに記載されていますので、興味のある方は確認してみてください。

ブログのAdSenseに関してもかなりポリシーは厳しいですが、YouTubeも同様ですね。

簡単な言葉で広告掲載の条件を強引にまとめると、「家族みんなで観ても安心できる動画」「関係者みんながハッピー」といったところでしょうか。

今のYouTubeは依然としてガイドライン無視の動画が溢れかえっていると思いますが、だからといって自分もルールを違反するのではなく、予期せぬ収益剥奪が起きないためにも慎重な態度で臨みましょう。



ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。