労働

仕事のメリハリをつけないと死ぬ

仕事のメリハリをつけないと死にますね。

IT技術が進歩してどんどん便利になるのはよいことですが、おかげでGmailを開くと取引先からのメールが来ていたり、ついついチャットワークを開いてしまったりします。

自分の意志とは無関係なタイミングでかかってくる電話やラインも、なかなかのストレスです。

 

前に何かの本で「パワードスーツ問題」というのを読みました。

「人間は、スマホやPCといった強力なツールを手に入れたために、常にパワードスーツを着た状態にあり、24時間働かなければいけなくなった」という問題です。

レッドブルなど飲まなくても、常に翼が生えた状態。

それが今の人間です。

 

会社員でも自営業でも、頭のどこかで仕事のことを考えていて、せっかくの休日や別な活動をしている日でも、完全なオフになっていない。

そんな人が多いのではないでしょうか。

 

でも、これはちょっと違うんじゃないかと思います。

スルーしよう

少し前に「鈍感力」というワードが流行りました。

仕事も人間関係も鈍感な方がうまくいきやすい、という意味だったと記憶しています。

でも、今の時代は鈍感力よりも「スルー力」の方が大事なのではないかと思います。

鈍感な程度では生ぬるいのです。

仕事がないときは、完全に意識を仕事から引き離し、仕事に関わる一切をスルーするくらいでよいのです。

自分の行った仕事の質や溜まった仕事について反省を巡らすのも大事ではあります。

が、オフの日は頭の中から仕事のことを完全に除外してしまいましょう。

万が一仕事に関わる何かが目についても、スルーしましょう。

仕事は二の次で、趣味やレクリエーションに勤しむのが大事です。

特に、繊細な人は意識的にメリハリをつけないと、ストレスが膨大化してうつ病になりかねません。

メンタルヘルスを保つためにも、上手くコントロールしていきましょう。

 

ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。