生活

無料のレンタルも「タダ」ではない

本が好きでよく読むのですが、本を買うにはお金がかかります。

ということで、ここのところ無料で利用できる図書館ばかり利用していました。

 

でも、よーく考えてみると無料レンタルもタダではないんですよね……。

本を自宅に持って帰る運搬コスト(本は重い!)やわざわざ図書館に往復するための時間コストがかかっています。

家に本を持ち替えると、スペースを消費するので場所的なコストが発生し、本を読まなければならない時間コストも発生します。

 

全てをコストと考えてしまうのは何ともさもしい感じがしますが、どうしても気になってしまうんですよね~。

割けるリソースは限られていますし。

 

最近は、動画や文字コンテンツ、その他様々なサービスでもタダで利用できるものが多いですが、

「潜在的なコストがかかっていないか?」

と考えてみると、意外と無駄に浪費している資源は多いような気がします。

特に時間については目に見えないものなので、意識していないとどんどん擦り減っていきますよね。

 

借りるときも買うときと同じ意識で

潜在的なコストがある以上、無料レンタルする時にも、何かを購入する時と同様に

「本当に必要なのか?」

と賢く吟味する必要があります。

でないと、借りてみてから後悔しますし、失ったリソースは帰ってきませんからね。

たぶん、本当に借りる必要があるものは10あれば1つぐらいしかないでしょうし、無駄な9を見極める目をもつのが大事かもしれませんね。

ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。