IT

新華社通信がAIアナウンサーをデビューさせたぞwww

来ましたね~。中国の国営放送、新華社通信がお披露目したAIアナウンサーですよ。

ニュースキャスターやアナウンサーと呼ばれる職が奪われる日も近いかもしれませんね。

 

 

ものすごくリアルですね。不気味の谷なんてとっくに超えちゃってますね。

表情の柔らかさや瞬きなども自然で、人間と何が違うのかパッっと見ただけでは見分けがつきません。

 

イケメンだし、普通のアナウンサーを見るよりなら、AIアナウンサーを見たいという人が今後増えてくるかもしれませんね。

少しカテゴリーは異なりますが、バーチャルYouTuberのキズナアイがあれほどウケているわけですし、ありえない話とは言えません。

 

将来的には、同じニュース番組でも視聴者ごとにパーソナライズができるようにしてほしいですね。

その日の気分によって、一人ひとりが「今日はこのAIアナウンサーにしよう!」と選択できるようになったら面白いと思います。

今のスマホ業界みたいに、課金制を取り入れてもいいかもしれません。

「このAIアナウンサーでニュースを視聴するには、課金が必要です」みたいな。

この記事を読んでる企業の方がいたら、そっち方面のビジネスを試してみて欲しいです。

 

 

中国すごいですね~。

ひと昔前は著作権意識も低いパクリだけの後進国でしたが、最近はテクノロジーの分野で諸外国を引っ張っていってます。

 

に、日本の国営放送だってヨミ子が頑張ってるんだから!

 

NHKには失礼ですが、クオリティの差が歴然ですね。

中国にどれだけ遅れをとってるんですかw

思うのですが、日本は3Dよりも2D分野に特化した方がいいような気がしますね。

順調に日本のオワコン化が進行していますが、アニメーションならまだ頑張れるのでは?

ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。