ライティング・SEO

文章を365日書かないライターはライターと呼べるのか?【継続は力なり】

毎日書け

ライターならたくさん文章を書かないといけません。

それも、毎日です。

毎日やらないと、確実にライティングの腕は落ちます。

これは楽器やスポーツと同じですね。

ピアノでは、1日練習をサボると3日分技術が後退すると言いますが、文章を書く技術についても同じことが言えます。

ですから、1日足りとサボらずにとにかく一心不乱に書かないといけません。

 

商業ライターであれば、SEOやら専門知識の拡充やら、やらなければならないことがたくさんあると思います。

でも、それらは全て、「文章を書く」という基本をこなした上でやるべきことです。

文章を書く習慣がついていないうちから、あれこれやろうとしても、どれも中途半端になってしまいます。

なぜなら「文章を書く」という土台の部分がしっかりしていないからです。

 

継続の意味

継続しても上手くなっている気がしない、というのはよくある悩みのひとつです。

でも、数万字を積み重ねた後に過去の自分の作品を見てみると、質が悪さに気づくはずです。

質が悪いと判断できるようになったということは、その分は上達したということです。

自分の知らぬ間に、少しずつ書く技術は上がっていきます。

 

1.01の法則という有名な法則があります。

出展URL: https://www.kj-nishiibaraki.com/2015/07/16/1-01%E3%81%AE365%E4%B9%97%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%8F%E3%81%A4%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%A8%E6%80%9D%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B/

 

小さい分量でも365日積み重ねていけば、大きい力になるという意味の法則です。

反対に、毎日手を抜いて生きていると、実力はやがて減っていきます。

文章を書くことについて考えるときは、この数式を常に念頭に置いておくと良いのではないでしょうか。

毎日コツコツと記事を書いていれば、少しずつでも進歩はしてきます。

だから、絶対に諦めたらダメだし、絶対に手を抜かない方がよいのです。

とにかくたくさん書きましょう。

 

 

ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。