生活

シェアハウスに住むと自動的にミニマリストになります

シェアハウスという環境

シェアハウスに住むと、好むと好まざるに関わらず、自動的にミニマリストになります。

これはもう、シェアハウスという環境に住む不可抗力ですね。

 

シェアハウスって個室があるんですけど、4畳程度の広さしかありません。

ちょっと日用品を買うだけで、部屋の中がものだらけになります。

ですから、物をたくさん置くことができないんですよね。

なので、自然と物を持たない生活になっていきます。

 

実際私がもっているものをリストアップしてみます。

 

  • 本10冊
  • デスクトップPC
  • PCモニター
  • 衣服20着程度
  • アイロン
  • 洗濯用洗剤
  • 旅行用スーツケース
  • kindle whitepaper
  • chromebook ASUS C100p
  • 電気ケトル
  • 栄養剤
  • 靴2足
  • 歯ブラシ&歯磨き粉
  • ドライヤー
  • おふとん&枕
  • 明日の食料

 

これしかありません。

人間ってこんなもので生活できてしまうんですよね。スペースをとるので、本も全て処分してしまおうかと最近は考えています。

物を持たない暮らしをメリットととらえるか、デメリットととらえるかは人次第です。が、物を持たないと気持ちの面で本当に余裕が出てくるし、「何時でもどこにでも行けるぜ!」という謎の自信が湧いてきます。

 

たしかに、持たない暮らしは震災など突発的な災害に弱い面があります。備蓄ができないですからね。

でも、もし災害に遭ったら、すぐに安全圏まで避難すればいいし、災害で資産を損失するリスクも少ないので、メリットも大きいと感じています。

 

もしミニマリストになろうと考えているなら、絶対にシェアハウスはおすすめですよ。

「よし、ミニマリストになるぞ!」と決意を変えてみても、人ってなかなか変われませんからね。

それよりなら、環境を変えてしまった方が変化の訪れは早いはずです。

 

物を持たないって本当に楽なのでぜひ!

 

 

ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。