生活

継続を難しくしている原因を一つひとつ挙げてみた

継続の難しさ

成功する人は、一般的に言って継続ができる人です。

1日にして大金をなした人は(宝くじ当選者を除いては)いません。1日にして有名になった人もいません。

コツコツと継続していった結果、ある日「当たった」わけですよ。

 

まあ、継続の重要性なんてとっくに誰でもわかっていますよね。

でも、継続って難しいんですよ。私なんて3日続けばいい方です笑。

こんな記事を読んでいるということは、おそらくあなたもそんな性格でしょう(決めつけ)

 

続かない原因

なんで継続できないんだろう? って考えてみると、継続を妨げる要因はたくさんあります。トラップが多すぎるんですよ。継続ってほとんど無理ゲーです。

 

気をそらすものの存在

気をそらすものが日常には溢れています。テレビやインターネット、友達からのお誘いや悩みごと等々…。

本当は継続したいことに集中したいのに、こうしたノイズのせいで継続がストップするのは典型的な例です。

 

お金

お金が無いとやりたいことは継続できません。

例えば、継続したいことが、「飲食店巡りをして、そのレポートを書く」ことだとしましょう。飲食店を巡るためには、当然食事代がかかってきますよね。普通に暮らす分にも大変なのに、こうした外食代を捻出するのは相当大変です。結果、お金が続かなくなって途中でやめてしまうのですね。

こうした例は日常的によく起きているのでは?

 

時間

時間がないとやりたいことに集中できずに止めてしまいます。これで継続できなくなった人は多そう。

 

人間関係

バンド活動のようにチームプレイが要求されるものだと、人間関係が面倒くさくなって辞めてしまうことがあります。

これも多そう。継続できない理由ベスト3に入るんじゃないでしょうか。

 

疲労感

何かをやるのには、エネルギーを使います。体力をもっていかれます。

時間がたっぷりある若いうちはいいですが、時を重ねると忙しくなってきます。

仕事やレポートに追われながらやりたいことを継続するというのは体力的にしんどい面があります。

 

徒労感

疲労感が肉体的な消耗だとしたら、徒労感は精神的な消耗です。「続けていても何も生み出さない」「こんなことをして、何の意味があるんだろう」というやつです。肉体的な疲労感はゆっくり休めば治りますが、精神的な問題である徒労感はそう簡単には治りません。

 

完璧主義(理想主義)

継続したいんだけど、細かいところが気になってなかなか作業が進まない。進まないから、どうでもよくなって止めてしまった。

あると思います。

 

向き・不向き

そもそも向いていないと続かないですよね~。スポーツが苦手なのに「毎日ランニングしよう」と誓ったところで上手くいくはずがありません。

 

継続を続けるコツ

書いてみてわかりました。結局、続けるために必要なものは余裕ですね。

余裕がないと何事も楽しめないし、ゆとりがなければいいものは生まれません。

どうすれば余裕が持てるのか考えてみることが、継続するための最初の一歩なのかもしれません。

 

まとめ

継続できない原因ってたくさんありますね。

自分はどのケースに当てはまるのか、ぜひ当記事を参考にしてみてください。

ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。