生活

voicyを垂れ流しにしていたら一日が終わっていた

一日ってすぐ終わるね。

voicyにはめられました。

 

voicyって何?

誰でもラジオパーソナリティになれるサービス、それがvoicyです。

 

 

世間的な認知度は低いので、ほとんどの人が知らないサービスだと思います。

これがけっこう面白くて、最近はブログを書くときに常に流しっぱなしにして作業してます。

今どき声のメディア? 音が聞きたいならYouTubeでよくない? と思うかもしれませんね。いやいや、voicyじゃないとダメですよ。

何がいいかって、映像がないシンプルさ。YouTubeって映像があるから、作業中に流すと映像が気になって気になって仕方ないんです。気がついたら作業を中断して、映像を見るのに集中していますからね。集中するのそこじゃないよ! みたいな。

音だけのメディアで言えばラジオがありますけど、ラジオとは似ているようで非なるものです。

ラジオは自分の好きな内容を選択して聞くことができません。せいぜい周波数を合わせるぐらいです。定期的にコマーシャルも入るので、煩わしいって思うこともしばしば。

ネットラジオなら自由に好きな番組が聴けるぞ! って思うかもしれませんが、「1週間前の放送まで」とか制限がついているんですよね。そのあたり、ちょっと自由度が低いかな。

voicyなら、自分の好きなタイミングで、自分が好きな人の話だけを聞けますからね。リスナーに選択の自由度があります。

 

素人っぽさがすごくいい

voicyに投稿している人たちは、声のプロではありません。言ってみれば、ただの素人です。本業が別にある人ばかりです。

でも、その素人っぽさにかえって親しみがわきます。YouTubeを見ている感覚と似ていますね。YouTubeも素人がわちゃわちゃやってるのが楽しいんですよ。

ラジオを聞いていると、めっちゃ巻き舌でカッコいい英語を話しているパーソナリティの方がたまにいますよね。プロだなあって思う反面、ああいうのが鬱陶しいときってないですか? 私はあります。

別にリスナーとしてそんなのは求めてないですからね。有益な情報が聞きたいだけですから。英語が上手いのはわかったからさっさと話せよ、みたいな。

voicyのパーソナリティは声が作りこまれていない分、講演会やセミナーを聞いている感覚で聴けるのがよきです。

 

(追記)素人だけでなく、タレント・有名人の方も所属しています。

コメントも投稿できる

YouTubeと一緒で、コメントも投稿できます。

コメント機能はやっぱり欲しいですよね。コメントもコンテンツの一部って感じがするので。

 

YouTubeやブログより敷居が低い

リスナー側ではなく、チャンネルをもつ側の立場に立ってみると、voicyってものすごくアウトプットしやすいサービスです。

なんと言っても手間が少ない!

YouTubeみたいに動画作成する必要がないですからね。

ブログのように記事を書く必要もありません。

「書く」と「話す」だと、「話す」の方が速いですから、コンテンツの量産もやりやすいと思います。

昨今はAlexaとかEchoとか音声に注目が集まっていますよね。ブログ(文字)→YouTube(映像)と来て、今後は声が主要なメディアになっていくのかもしれません。

 

まとめ

考えてみると、人類というのは、文字や映像によるコミュニケーションの歴史より、声帯の振動で行う音によるコミュニケーションに頼ってきた歴史の方が長いわけです。

テクノロジーが発達してきた結果、音にフォーカスしたプリミティブなサービスが生まれてくるというのは、本当に面白い現象です。

なんか、自然なところに回帰してきてますね。

ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。