IT

【vim】超絶初心者がわかったことをまとめてみる

vim

そもそものきっかけは、

「vimが使えたらコマンドプロンプトからエディターに行ったり来たりしないで済むから楽なのでは?」

と思ったことでした。

それで、さっそくchocolateryでvimを持ってきて使おうとしたのですが、まあこれがわけが分からなくて。

「本当にエディターなのかこれ?」

というのが第一印象でした。

 

2時間ほど動かしてみて、とりあえず分かったことをまとめてみます。

 

vimを開く

vimを開くにはコマンドプロンプトでvimと打ち込むだけです。

起動したらコロンキーを押すと、以下のような画面が出てきます(Windowsだけかもしれません)。

初心者にはこれだけでも難しいです…。

 

ファイル呼び出し

ファイル呼び出しはこうです。

vim  ファイル名

rubyのときと同じように呼び出せばOKです。

呼び出せないときはパスを確認しましょう。

 

モードの確認

初心者がつまづく原因。

vimにはモードがいくつかあります。

これがわからないとvimは使えません。

 

起動直後 -> コマンドモード

i -> 挿入モード(ファイル編集ができる)

Esc -> 挿入モードからコマンドモードに戻る

v -> ヴィジュアルモード(範囲指定できる)

他にもモードがあるそうですが、今の私だとこれを覚えるのが限界です。

使っているうちに慣れてきます。

 

コピペ

地味に重要です。

 

yy -> 今いる行をコピーする

p -> カーソルのある位置にペーストする

 

ファイルの保存

ファイルの保存はコマンドモードにして行います。

:w

上のやり方でダメなら:w!で強制する

保存場所はカレントディレクトリです。

パスをつけると、保存先が指定できるそうですが、まだ試していません。

 

ファイルを編集・保存すると出てくる謎の拡張子

ファイルを弄っていると、○○.html~(~は「チルダ」と読みます)や○○.rb.swp(swpは「スワップ」と読みます)のような拡張子のファイルが生成されます。

.○○~ -> バックアップファイル。編集ミスした場合、このファイルが使える。

.○○.swp -> アプリケーションのクラッシュに備えるファイル。編集が終わると勝手に削除される。

こいつら鬱陶しいので、出てこないように設定もできます。

詳しくはこちら

 

vimの終了

これがわからなくて、最初のうちはコマンドプロンプトを閉じたり開いたりしてました。

:q

上のやり方でダメなら:q!で強制する

 

.vimrc

vimrcというファイルを作ってvimの各種設定を変更することができます(vimrcは「ヴィムアールシー」と読むそうです)。

これを弄って自分が使いやすいvimにできるので、設定方法をいろいろと調べておくのが吉。

最初にやるのは、おそらく文字コード関係になります。

文字コード変更はここでは書きませんが、初期設定がutf-8になっていないので、ファイルを読み込むと日本語が文字化けします。

 

ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。