IT

ポート番号とは?

ポート番号

ポート番号について調べてみたのでアウトプット。

ポート番号というのは、データ通信を行うために便宜的に割り当てられた番号で、

ホテルの部屋番号のようなものです。

ポート番号と関連するものに「プロトコル」「IPアドレス」があります。

データを送るということは、プロトコルに則り(例えば、「徒歩で」)、IPアドレスに書かれた住所(「六本木のリッツカールトンの」)の、

ポート番号(「201号室」)を目指すということです。

 

ポート番号は決まっている

アパート暮らしを考えてみてほしいのですが、

「今日は502号室に住んでいるが、次の日には505号室に移り、その次の日には601号室へ移る」

なんてことはありませんよね。

ポート番号も同様で、各プロトコルごとに利用するポート番号が決まっています。

例えば、ネットに接続するときにはポート番号80が使われます。

Googleのホームページに接続する場合、google.com/というURLにアクセスしますよね。

このとき、実際にはGoogle.com:80というURLでアクセスしています。

試しにgoogle.com:80とアドレスバーに入れてみると、うまく接続できます。

今度は、では、google.com:90など、ポート番号を80以外の数値にして、接続するとどうでしょうか?

おそらくうまくいかないはずです。

このように、ポート番号というのは変化せず常に一定なのです。

(ちなみに80でもうまくいかない人は、httpsというプロトコルで通信しているからです。)

 

ポート番号の確認方法

ポート番号ですが、コマンドプロンプトから確認ができます。

コマンドプロンプトを開いたらnetstatと打ち込んでみましょう。

おそらくプロトコルとアドレスが表示されるはずです。

まあ、「確認したところで……」と言いたくなるでしょうが、興味のある方はぜひ確認してみてください!

 

 

ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。