IT

ハードフォークって何? かたいフォーク?

ハードフォークとは?

今さらながら興味本位でビットコインを買ってみたのですが、ハードフォークという耳慣れない言葉が出てきたので調べてみました。需要は全くない情報ですが、備忘録としてログを残します。

 

さて、ハードフォーク(hard-fork)とは、ようするに「ブロックのルールを変更すること」です。

仮想通貨はブロックチェーンという技術で作られており、各ブロックがチェーンのように連鎖していく仕組みで成り立っています。

ハードフォークは、前のブロックから次のブロックに移るときに発生します。

ハードフォークすると、それまでのルールが適応されたブロックと、新しいルールが適応されたブロックが作られます。

つまり、ブロックが2つ作られるのです。

別な言葉で言えば、ブロックが枝分かれしているわけです。

この枝分かれしているさまがフォークのように見えるため、その名がつきました。

 

なぜ「ハード」フォークと言うの?

ハードフォークがただの「フォーク」ではなく、「ハードフォーク」と呼ばれるのは、ハードフォークとは別にソフトフォークと呼ばれるものがあるからです。

ハードフォークでは新しいブロックのルールが変更され、古いブロックのルールはそのままとなります。

一方でソフトフォークとは、古いブロックに関してもすべてルールを変更してしまいます。

ソフトフォークでは、「古いルールのブロックはそのままにしておいて欲しい」という人の意見が無視されてしまいます。

そのため、現在のブロックチェーンでは、ソフトフォークではなくハードフォークの方が採用されています。

 

ハードフォークのメリットとデメリット

ハードフォークを採用するメリットとデメリットを考えてみます。

 

メリット

仮想通貨には、スケーラビリティという問題があります。

ブロックに入れておける情報量には制限があるため、ブロック内のデータが増えていくと処理速度が落ちてしまうのです。

ハードフォークにより、この問題に対処することができます。

またブロックを変更することで、ハッキングのような外部からの攻撃にも強くなります。

 

デメリット

仮想通貨がハードフォークされることで、信用性の問題がおこります。

仮想通貨は「仮想」と言えど、通貨であることに変わりありません。

あまり頻繁にシステムが変わると、「この通貨は本当に大丈夫なのか?」という不安が起こります。

また、以前のブロックとルールの異なるブロックを生み出すハードフォークでは、送金の遅延・通貨の喪失などの問題も指摘されています。

 

 

まとめ

簡単にですが、ハードフォークについてまとめてみました。

深入りするともっといろいろと書けそうですが、大事なポイントは上にあげたようなものになると思います。

正しい知識をもって、ビットコインを扱いたいものですね。

 

ABOUT ME
てりたま
いつの間にかライターで生きるようになっていた人。真面目半分、不真面目半分で記事を書いてます。